10/31/2018
カマスの干物フレンチ風香草焼き

カマスの干物フレンチ風香草焼き

-焼きカマス すました顔で Bon appetit!-

美味しそうな干物を見つけると、とっておきのお酒と一緒に食べたくなり、ついつい買ってしまう。旨味が詰まり栄養価もある干物はお酒にぴったりだ。旬のふっくらとして脂が乗ったカマスの干物には味わい豊かな焼酎を合わせたい。

続きを読む

10/31/2018 10/31/2018
鯛のカルパッチョ

鯛のカルパッチョ

-鯛もほろ酔う 星月夜-

お刺身はわさび醤油で食べるのが一般的であるが、急なお客様が来た時などにはカルパッチョにすると見た目にも華やかで喜ばれる。
この日の酒、シェリー酒の木樽で熟成された旨味に、さっぱりとした鯛のカルパッチョがよく合う。
新鮮なグリーン野菜はたっぷりと、オリーブオイルと塩・胡椒で和え、季節の柑橘をさっと絞れば香りも豊かでおしゃべりとお酒も進む。

続きを読む

10/31/2018
りんごと塩サバのサラダ + <small>豚の餃子スープ仕立て</small>

りんごと塩サバのサラダ + 豚の餃子スープ仕立て

-塵も積もれば山となる-

自分の歩んできた道のりを一人、お気に入りのお酒を飲みながらふと振り返ってみたくなる時がある。大きなことは出来ないかもしれないが、これからも自分が決めた道を信じて些細なことを地道に続けていくしかない、コツコツと。そんな思いに浸りながら、ゆっくりと熟成され、独自の味わいを持つ純米吟醸酒を開けることにする。

続きを読む

10/31/2018
ヒジキとれんこんの和え物 + <small>牡蠣のレモン蒸し</small>

ヒジキとれんこんの和え物 + 牡蠣のレモン蒸し

-空は無にあらず-

ほろ酔う時間はみなひとつの。この世の全ては儚い夢幻(ゆめうつつ)なのかもしれないが、ひとつ、確かに「ある」と感じるのは、心を「無」にして夢中で何かをしている時に出会う「ご縁」のようなもの。「空」は、何も無いことではない。とっておきの純米吟醸酒に、そんな想いで名付けた。

つまみは、長ひじきと茹でた蓮根、紫玉葱をホワイトビネガー、塩・胡椒、ごま油、黒酢で和えた和え物。

続きを読む

10/31/2018
炙りキノコと焼きかぼちゃ + <small>生湯葉・生しらす生姜煮</small>

炙りキノコと焼きかぼちゃ + 生湯葉・生しらす生姜煮

-旬の恵み 千代にことほぐ-

一年四季、春夏秋冬の旬のものをいただく時、その美味しさは心身に沁み、自然の恵みに感謝したくなる。そこに酒があるとなれば最高の至福の時間だ。
今日の肴は秋の味覚、舞茸・エリンギ・銀杏・かぼちゃを焼き網で炙る。薄く焼き色がつく頃には旬の素材が持つ旨味の詰まった香りが広がり、焼けるのを待つゆっくりとした時間も愉しい。
焼き上がりが待ちきれずに片口にお酒を注いだ。とくとくとく・・。
ごま油に醤油、粉山椒で作ったドレッシングを合わせいただく。

続きを読む

10/30/2018
MEAD MEATS FURUITS!

MEAD MEATS FURUITS!

-里山の花々を贈る 蜜酒の宴-

ミード酒は蜂蜜を発酵させて作る古代から伝わるお酒であり、“人類最古のお酒”と言われている。「ハネムーン」の語源にもなっており、昔から結婚の祝いの席でも飲まれ、新しいスタートを祝う贈り物にも最適だ。今日は、おめでたい報告とともにやってきた友人と「里山MEAD38」を使った美しい飲み物で乾杯。

続きを読む