期間限定珈琲
Vol.9 「アナエロビックナチュラル イルガチャフィG1 ベロヤ ウォッシングステーション~Ethiopia~」

第8回目の「アナエロビック ライチ エルパライソ農園 ~Colombia~」はご好評のうちに完売となりました。
ありがとうございました。
第9回目は「アナエロビックナチュラル イルガチャフィG1 ベロヤ ウォッシングステーション ~Ethiopia~」を、茶房で提供しつつ、店頭とサイトでも販売を開始いたします。
どうぞお楽しみください。
焙煎豆も数量限定で販売いたしますが、どちらも豆が無くなり次第終了とさせていただきます。


「アナエロビックナチュラル イルガチャフィG1 ベロヤ ウォッシングステーション ~Ethiopia~」
原産国: Ethiopia ¥700/杯
焙煎豆 150g入り ¥1,200(5袋限定)

◆アナエロビック(精選工程)の特徴

※アナエロビック=嫌気発酵(酸素を遮断し発酵させる)
収穫したコーヒーチェリーを蓋のついたタンクに入れ密閉ことによりコーヒーチェリーとチェリーに付着した微生物のみによって発酵がおこなわれる。(ワインを製造する工程に似てます)

◆ベロヤ・ウォッシングステーション

南部諸民族州ゲデオZoneコチェレ町のベロア集落にあり、近隣に暮らす小規模生産農家から運び込まれたチェリーの生産処理が行われています。品質向上に向けての様々なルール作りを行っていて、プロセス前のハンドピックで未熟、過完熟豆を取り除き均一性の高い完熟チェリーのみ厳選し受け入れを行います。こうして結果的に生産者の意識、収穫精度の向上につながっています。

◆味の特徴

嫌気発酵によってウイスキーのような蒸留酒を思わせるアロマがあり、浅煎りに仕上げたことで紅茶のような印象と、通常のイルガチャフィにはない熟成感が心地よいバランスで仕上がっております。
イルガチャフィの真新しい風味を是非お楽しみください。

期間限定珈琲
Vol.8 「アナエロビック ライチ エルパライソ農園~Colombia~」

第7回目の「エアロビック&スタティックボックス サンセバスチャン農園 ~Brazil~」はご好評のうちに完売となりました。ありがとうございました。
第8回目は「アナエロビック ライチ エルパライソ農園~Colombia~」を、茶房で提供しつつ、店頭とサイトでも販売を開始いたします。
どうぞお楽しみください。
焙煎豆も数量限定で販売いたしますが、どちらも豆が無くなり次第終了とさせていただきます。


「アナエロビック ライチ エルパライソ農園 ~Colombia~」
原産国: Colombia ¥700/杯
焙煎豆 150g入り ¥1,200(5袋限定)

◆ダブルアナエロビック(精選工程)の特徴

※アナエロビック=嫌気発酵(酸素を遮断し発酵させる)
収穫したコーヒーチェリーを蓋のついたタンクに入れ密閉ことによりコーヒーチェリーとチェリーに付着した微生物のみによって発酵がおこなわれる。(ワインを製造する工程に似てます)

※エルパライソ農園のダブルアナエロビック
チェリーの状態でと脱果肉後の2回異なる時間と温度で嫌気発酵することで複雑な味わいをつくっています。

◆味の特徴

浅煎りに仕上げたことで、ピーチやライムを思わす爽やかな香りが口いっぱいに広がります。
(香料ではなくチェリ―そのものからつくられた香りです)
そして優しい酸味と甘みがきれいに広がる驚きの一杯です。
コーヒー界で今熱いアナエロビックコーヒーを是非ご賞味ください。

期間限定珈琲
Vol.7 「エアロビック&スタティックボックス サンセバスチャン農園 ~Brazil~」

第1回目に続き2度目の販売となりました「マチュピチュ 天空」もご好評のうちに完売となりました。
第7回目は「エアロビック&スタティックボックス サンセバスチャン農園 ~Brazil~」を、茶房で提供しつつ、店頭とサイトでも販売を開始いたします。どうぞお楽しみください。焙煎豆も数量限定で販売いたしますが、どちらも豆が無くなり次第終了とさせていただきます。

追記
おかげさまで完売いたしました!


「エアロビック&スタティックボックス サンセバスチャン農園 ~Brazil~」
原産国: Brazil ¥700/杯
焙煎豆 150g入り ¥1,200(5袋限定)

画像:スタティックボックス

◆精選工程の特徴

①エアロビック=好気発酵(酸素に触れさせながら発酵すること)
 コーヒーチェリーを20㎝程重ね乾燥を遅らせ発酵させる。
②スタティックボックス=箱型乾燥機
 好気発酵を終えたチェリーを攪拌せずに、ゆっくり、じっくりと乾燥させる。

◆味の特徴

最高品質の上品なブラジルの印象とともにブラジルとは思えない複雑さとフルーツ感があります。
オレンジのような柑橘系の香りとナッツの香り。
落ちついた酸味とスパイシーさ発酵系のフルーツ感。
アフターで丸みのあるナッツの甘みが持続します。

コーヒー生産を継続していく上で『気まぐれな収穫期の天候』に左右されないという部分は今後さらに大切な事となります。
そういった生産者がチャレンジした取り組みのひとつです。
この機会に是非ご賞味ください。