蔵酒なつめ
Tasty sake & appetizers 更新!

『蔵酒なつめオンラインショップ』秋の企画は、スタッフ考案のメニューで「いつもよりちょっと丁寧に作る、お家時間を楽しむ料理」をテーマに開催しました。
サイトに掲載しましたので、ぜひご覧ください。
URL:https://kura-natsume.jp/shop/appetizers-2020-autumn

期間限定珈琲
Vol.5 「プリンセサ・ワイニー」

第4回目は「プリンセサ・ワイニー」を、本日より茶房で提供しつつ、店頭とサイトでも販売を開始いたします。
どうぞお楽しみください。


「プリンセサ・ワイニー」
原産国: ドミニカ共和国 ¥700/杯
焙煎豆 150g入り ¥1,200(10袋限定)

カリブ海に浮かぶイスパニョ-ラ島。この島の東部がドミニカ共和国で、面積は九州と同じくらいの小さな国です。この島にコーヒーがやってきたのは18世紀の初め頃で、中南米の中でも最初の頃にコーヒーが導入されたのがこの島でした。

◆プリンセサ・ワイニーとは

ドミニカでも希少なワイニー・ナチュラル精製を行っております。完熟したコーヒーチェリーのみを天日にさらし、時間をかけてじっくりと乾燥させて精製する方法です。

チェリーそのままを乾燥させるため、果実味や果実香の特徴が最も出やすく、一方、果肉の発酵した香りが豆に残るため、ワインのようなフレーバーをつくりだすと言われています。

◆味の特徴

レッドワイン、アプリコットやオレンジ、ミルクチョコレートなどの様々なフレーバーを感じられます。

クリスマスのひと時にいかがでしょうか

期間限定珈琲
Vol.4 「グァテマラ オリエンテ ナチュラル」

第三回目は「グァテマラ オリエンテ ナチュラル」を、本日より茶房で提供しつつ、店頭とサイトでも販売を開始いたします。
どうぞお楽しみください。


「グァテマラ オリエンテ ナチュラル」
原産国: Guatemala ¥700/杯
焙煎豆 150g入り ¥1,200(10袋限定)

グアテマラの一般的な精選方法はウォッシュドで、通常収穫期の最後に水洗式に適さなかったあまりもののコーヒー果実がクロップの最後にナチュラルに仕上げられることがありますが、この商品はウォッシュドにも適する真っ赤な完熟果実のみを丁寧にセレクトし高級ナチュラル用に仕上げられた一品です。

◆ オリエンテ ナチュラル

コーヒーチェリーから種子を取り出すことを精選といい、その精選法の一つで、収穫したコーヒーチェリーをそのまま乾燥させその後、脱殻することです。

◆味の特徴

中煎りに仕上げ、ブルーベリーのような香り、イチゴジャムのような香りなどのフルーツ感が広がるます。
インパクト充分なこの味を是非ご賞味ください。

期間限定珈琲
Vol.3 「Dried on tree 樹上乾燥豆」

期間限定珈琲「プライド オブ ケニア」もご好評のうちに完売となりましたので、第三回目は「Dried on tree 樹上乾燥豆」を、茶房で提供しつつ、店頭とサイトでも販売を開始いたします。
どうぞお楽しみください。


「Dried on tree 樹上乾燥豆」
原産国: Brazil ¥700/杯
焙煎豆 150g入り ¥1,200(10袋限定)
◆ドライオンツリーとはとは・・・

ブラジルのセラード地区で農園を営む日系二世の
トミオ フクダ氏が考案した精選法で、完熟したコーヒーチェリーを収穫せずに樹にならせたまま乾燥させる方法です。
通常ブラジルでは、完熟した果実を収穫し天日乾燥させます。(この精選法を非水洗式=ナチュラルといいます)

◆ドライオンツリーの特徴

ドライオンツリーの精選法には、様々なリスクが伴います。
一つに、天候です。樹上で乾燥される過程で雨は大敵です。果実の落下やダメージにつながります。この点では雨季と乾季のはっきりしているセラードだからこそ実現できる生産方法なのです。
もう一つに、樹にならせたまま乾燥させることにより通常以上に養分がチェリーに吸収されて樹への負担が大きい事です。
逆を言えば、コーヒーチェリーは、収穫間際まで樹の栄養分を吸収できるのです。そうした工程は、甘みを持ちマイルドな風味を作り出します。
是非、この機会にご賞味ください。

期間限定珈琲
Vol.2 「プライド オブ ケニア」

期間限定珈琲シリーズ第一回目の「マチュピチュ天空」は、追加分も完売となり、多くの方にご利用いただいたこと、ありがとうございました。
6月3日(水)より「プライド オブ ケニア」を、茶房で提供しつつ、店頭とサイトでも販売を開始いたします。
「マチュピチュ天空」よりもやや浅めの焙煎で、さわやかな酸味を引き出しました。どうぞお楽しみください。


「プライド オブ ケニア」
原産国: Kenya  ¥700/杯
焙煎豆 150g入り ¥1,200(10袋限定)
◆プライド オブ ケニアとは・・・

“本当に品質だけにこだわった、価格以上の価値のあるコーヒーを届けたい”
そんな思いから,現地輸入者として長年歴史を持つボルカフェグループが、その経験と実績から純粋なカップ品質を基準にオークションにて落札し日本にて厳選されたロットのみが“the pride of Africa”として採用されます。

◆カユ水洗工場
現地言語キリク語で“大声”を意味するカユ(KAYU) は、現地の人々が団結し声が上まで届くようにとの思いから名付けられました。
カユ水洗工場では、手摘みされた完熟果実のみを収穫同日に付近の清流を利用し、果肉が除去されアフリカンバットにて天日乾燥されます。

◆味の特徴
アフリカ系水洗式アラビカ種は、ローストが浅いと酸味が強く出やすいのですが、プライドオブケニアの酸味は華やかで、完熟果実のフルーティさを持ち水洗式特有のスッキリとした後味です。